嵐の結成日&デビュー日はいつ?デビュー曲&当時のエピソードもまとめ

こちらの記事ではジャニーズの5人組アイドルグループ「嵐」の結成日やデビュー日をご紹介。

さらに、デビュー曲&結成&デビュー当時のエピソードなどもあわせてお届けしていきたいと思います!

嵐の結成日はいつ?

嵐の結成日は1999年9月15日です。

“旅行”としてハワイに集められた5人。

その夕飯の席で、突然ジャニーさんから「YOUたち、明日から嵐だから」と告げられたそうです。

突然の発表に、当然全員大喜び!!

と、思いきや、そうではありませんでした。

実はその時、5人中3人がジャニーズを辞めようと考えていたそうです。

その3人とは、大野智くん、櫻井翔くん、二宮和也くんです。

大野くんはイラストレーターになりたいと考え、ジャニーさんに辞意を伝えていました。

結成直前まで辞めるタイミングを伺っていたらしいです。

しかし、デビュー組に選ばれ、結成後はリーダーにも選ばれてしまいました。

希望とは真逆の方向へあれよあれよという間に事が進んでしまい、大変戸惑ったことと思います。

そして、大学進学を希望していた櫻井くんと、ステージの裏方の仕事に就くためにアメリカ留学を希望していた二宮くんも、ハワイ旅行に行く前に既に何度か事務所に辞意を伝えていたそうです。

それなのに2人とも嵐に選ばれてしまいました。

本人たちにしてみれば本当に大変だったと思いますが、それだけ才能や可能性に満ちていたのでしょう!

実際結成時にはメンバーの半分以上が辞めたいと思っていたにも関わらず、現在嵐は大成功を納めています。

良い意味で恐ろしいグループです・・・!

ちなみに、ハワイでの夕食時に「嵐」結成を告げられた後、そのままハワイのホノルル沖にてクルーズ客船からデビュー会見を行なったそうです。

嵐のデビュー日はいつ?

嵐のデビュー日は1999年11月3日です。

5人中3人がジャニーズを辞めるつもりだった嵐。

この3人はいわば“ハメられた”ような形でデビューが決まりました。

それでは、辞めるつもりはなかったあとの2人、松本潤くんと相葉雅紀くんはどのようにしてグループに合流したのでしょうか?

松本くんは、リハーサル室で二宮くんとバレーボールで遊んでいたところ、ジャニーさんに「上手だね」と言われたことがあったそうです。

そしてその後、嵐としてデビューが決定。

これがきっかけ……?と思ってしまいますが、嵐のデビューは『バレーボールワールドカップ』に絡めて行われたので、本当にそれがきっかけだったのかもしれません。

一方相葉くんは、結成会見3日前に「YOU、パスポート持ってる?」とジャニーさんから連絡が来ました。

「パスポートを持っている」と答えると、そのまま空港に呼び出され急遽ハワイへ。

その夜には他の4人と一緒に嵐でのデビューを告げられたそうです。
(とても驚いたことと思います・・・!)

ジャニーズのデビュー秘話の中でも1位2位を争うほど、びっくり仰天なエピソードです。

相葉くんがパスポートを持っていて本当によかったです!笑

嵐のデビュー曲は?

嵐のデビュー曲は『A・RA・SHI』です。

この曲は1999年のフジテレビ系『バレーボールワールドカップ』のイメージソングとして使用され、オリコンシングルランキングで週間1位も獲得しました。

ビニールでできたスケルトン衣装の曲としても有名ですね。

タイトルも歌詞もグループ名の「嵐」とかけられた内容になっています。

「嵐」というグループ名には「世界中に嵐を巻き起こす」という意味が込められています。

他に、五十音でもアルファベットでも一番最初の「あ(A)」で始まることから、“一番”=「頂点に立つ」という意味も含まれているようです。

そんなグループ名に込められた想いがこのデビュー曲の歌詞にも綴られています。

また、CDジャケットの「嵐」の文字はジャニーさんが直々に書いたものだそうです。

社長自らジャケットのデザインをするなんて、とっても大切にされているグループなんですね。

そして、作詞を担当したのはなんとSexy Zone菊池風磨くんの父、菊池常利さん。

余談ですが、この事実は風磨くんの受験時には伏せられており、合否には関係しませんでした。

それどころか、入所後しばらくしてジャニーさんにバレた時「なんで言わなかったんだ」と怒られてしまったそうです(笑)

嵐の結成&デビューまとめ

以上、嵐の結成日やデビュー日、デビュー曲などの情報をお届けしてきました。

ジャニーズでもトップクラスの人気を誇るグループとして年々その人気を拡大している嵐。

今後も彼らの活躍に要注目ですね!