僕は僕を好きになるのセンターと選抜メンバー&フォーメーション・福神まとめ【乃木坂46/26thシングル】

この記事では乃木坂46の26枚目シングル

「僕は僕を好きになる」

のセンター・選抜メンバー・フォーメーション・福神メンバーを紹介していきます。

また、前作とのフォーメーションの違い・特徴26thシングルの初選抜・初福神・選抜落ちメンバーもまとめています。

にる

白石麻衣卒業後の初シングル!
未来を感じる「僕は僕を好きになる」のメンバーを徹底解説していきます♪

僕は僕を好きになるのセンター

「僕は僕を好きになる」のセンターは3期生の山下美月です。

山下美月

加入当初より人気が高く、複数回のフロント・福神経験もある”次期エース”がついにセンターの座に就きました!

山下美月の表題曲歴代フォーメーション

これまでのシングル表題曲での山下美月のポジションは、以下の表にまとめています。

枚数 ポジション
17th 3期生
18th 3期生
19th 3期生
20th 十四福神
(1列目)
21th 十四福神
(1列目)
22nd 十四福神
(1列目)
23rd 不参加(活動休止)
24th 十一福神
(2列目)
25th 選抜
(3列目)
26th センター

これまでの選抜回数は5回。福神入りは4回、フロントは3回経験しています。

表題曲初参加となった20thシングル「シンクロニシティ」からいきなりフロントメンバーに抜擢。

その後も21st「ジコチューで行こう!」と22nd「帰り道は遠回りしたくなる」でも続いてフロント入りし、3期生のエースとしてエリートアイドル道を突っ走ってきました。

しかし、その後の23rdシングル「Sing Out!」にはドラマ撮影との両立が難しいということで不参加。

活動再開後最初にリリースされた24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」では2列目に。こちらでもしっかり福神入りは果たしています。

25th「しあわせの保護色」では3列目ですが、このシングルは白石麻衣卒業記念に1期生全員が福神という特別なフォーメーションだったため、別に山下が評価されていなかったというわけではないでしょう。

最初から高かった人気をより上げていき、活動休止期間がありながらも、立派な”乃木坂46のエース”へと成長した山下美月。

今回のセンター抜擢もかなり妥当なところですね。

“自分の力”で掴み取った新メンバーからのセンター抜擢

この山下美月センター抜擢でおさえておきたいのは、彼女が「自分の力でセンターを掴み取った」という点です。

乃木坂には新メンバー加入後、新加入した期のメンバーからシングル表題曲のセンターが抜擢されるという伝統があります。

2期生、3期生、4期生でセンターをやったメンバーはみんな、この「お披露目センター」に抜擢された子たちです。

新メンバーセンター抜擢の歴史

  • 7thシングル「バレッタ」堀未央奈
  • 18thシングル「逃げ水」大園桃子・与田祐希
  • 24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」遠藤さくら

上記3枚のシングル以外は、全て1期生がセンターポジションを努めています。

つまり、これまで乃木坂46のセンターは1期生が中心で、2期生以降はお披露目の意味合いも兼ねたセンター抜擢しかなかったのです。

ですが、今回山下美月がセンターに選ばれたことにより、はじめて1期生以外のメンバーがお披露目でない表題曲のセンターとなりました。

この選抜発表を予告する動画の最後に「未来が作られる」とのフレーズが登場しましたが、まさしくこのセンター抜擢は乃木坂46の未来を切り開いていくための重要なエピソードとなるでしょう。

\乃木坂46の歴代センターまとめ記事はこちら!/
乃木坂46センター歴代一覧まとめ&センター回数ランキング!現在の新曲センターは?【2021年最新/随時更新】乃木坂46センター歴代一覧まとめ&センター回数ランキング!現在の新曲センターは?【2021年最新/随時更新】

スポンサーリンク

僕は僕を好きになるの選抜メンバー

乃木坂46 26thシングル「僕は僕を好きになる」の選抜メンバー

僕は僕を好きになるの選抜メンバーは秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、高山一実、星野みなみ、松村沙友理、新内眞衣、堀未央奈、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめです。

選抜メンバーは19名。前作「しあわせの保護色」の22名より3名減で、「Route246」の18名からは1名増えています。

初選抜入りしたメンバー

26thシングルでの初選抜入りメンバーは、清宮レイ田村真佑の2名です。

選抜入りを望む声が多かった4期生の中堅どころがついに選抜へ入ってきました!

乃木坂工事中でもフューチャーされることが多かったレイちゃんは、これからの期待を込めての抜擢でしょうか。

田村真佑はノギザカスキッツでも身体を張って大活躍していましたし、ラジオでトークスキルも磨かれてきており人気も安定。納得の選抜入りですね。

しかし4期生は層が厚いため、まだまだ他にも選抜入りの可能性が高いメンバーがいるのが強いです・・・!

次回のシングルでは掛橋沙耶香早川聖来金川紗耶あたりも選抜候補に入ってくるでしょう。

選抜落ちしたメンバー

「僕は僕を好きになる」で選抜落ちしたメンバーは、北野日奈子、和田まあや、樋口日奈の3名です。

北野日奈子は23rd「Sing Out!」から25thシングル「しあわせの保護色」まで3作連続で選抜入りしていましたが、今作でまさかの選抜落ち。

「Route246」の選抜メンバーで今作の選抜に入っていないのも彼女だけです。

完全に4期生の台頭で彼女が押し出される形になってしまいました・・・。

持ち前の明るいキャラに加え、最近では磨き上げられたパフォーマンス力にも定評があり人気を上げてきていたのですが、ここで落とされてしまうというのはなかなかに厳しいですね。

にる

運営は2期生に厳しい・・・(´;ω;`)

選抜復帰したメンバー

「僕は僕を好きになる」で選抜復帰したメンバーは4期生の筒井あやめのみです。

24th「夜明けまで強がらなくてもいい」でフロントに抜擢されていましたが、25th「しあわせの保護色」では遠藤さくらと賀喜遥香だけが連続で選抜入りし彼女のみ入れず。

配信シングル「Route246」では選抜入りしていたので、今作では順当な選抜復帰となりました。

スポンサーリンク

僕は僕を好きになるのフォーメーション

「僕は僕を好きになる」のフォーメーションは以下のようになっています。

乃木坂46 26thシングル 「僕は僕を好きになる」のフォーメーション

3列目から順に7名、7名、フロント5名という計19名のフォーメーション。

1列目は新センターの山下美月の両サイドに梅澤美波、久保史緒里を置くという「ザ・新世代」な配置!

この3人を全力でプッシュしていきたいという運営の意思を感じますね。

久保史緒里は初の1列目に。梅澤美波は22nd「帰り道は遠回りしたくなる」以来3作ぶりの1列目となります。

そして両サイドは生田絵梨花、齋藤飛鳥シンメという抜群の安定感。

にる

この2人がいると「乃木坂」って感じしますよね!!

2列目は裏センターに堀未央奈、両脇に大園桃子と与田祐希の「逃げ水」シンメを配置。

その脇を4期生2トップの遠藤さくらと賀喜遥香で固め、両端は1期生の松村沙友理と秋元真夏というかなり厚い並びになっていますね。

今作は3期生の人気メンバーがプッシュされていますが、与田祐希が2列目というのには驚いた方も多かったのではないでしょうか。

人気は山下、梅澤、久保よりも与田の方が高いはずでしたが、今作ではフロント入りならず。

このあたりの3期生序列がどうなるのかは次回作以降も注目すべきポイントですね。

3列目は裏センターに星野みなみを配置。

両脇に田村真佑と筒井あやめの4期生シンメ、岩本蓮加と清宮レイの若手も並べつつ両サイドは安定の新内眞衣&高山一実という並びになっています。

全体的には、若手が真ん中寄りに配置され、1期生やお姉さんメンバーたちが両サイドで柱になってくれているようなフォーメーションですね。

スポンサーリンク

僕は僕を好きになるの福神メンバー【十二福神】

「僕は僕を好きになる」の福神メンバーは12名の”十二福神”。

秋元真夏、生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友理、堀未央奈、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香が今回の福神メンバーとなっています。

乃木坂46 26thシングル「僕は僕を好きになる」の福神メンバー

福神復帰したメンバー

「僕は僕を好きになる」で福神復帰したメンバーは堀未央奈、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、山下美月、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香の8名です。

堀未央奈、山下美月、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香の5名は24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」以来1作ぶりの福神復帰。

梅澤美波、大園桃子、久保史緒里の3名は23rdシングル「Sing Out!」以来2作ぶりの福神復帰となりました。

福神落ちしたメンバー

「僕は僕を好きになる」で福神落ちしてしまったメンバーは高山一実、樋口日奈、星野みなみ、和田まあやの4名です。

「しあわせの保護色」では1期生メンバーみんなが福神だったので、福神から外れたのもみんな1期生ですね。

スポンサーリンク

「僕は僕を好きになる」選抜メンバー&フォーメーションまとめ

以上、乃木坂46の26thシングル「僕は僕を好きになる」のメンバーとフォーメーションについてまとめてご紹介してきました。

今作の大きな特徴や動きをまとめると以下のようになります。

26thシングル選抜まとめ
  • 3期生の山下美月が初センター
  • 清宮レイ、田村真佑が初選抜入り
  • 3作連続で選抜入りしていた北野日奈子がまさかの選抜落ち
  • 筒井あやめが選抜復帰
  • 久保史緒里が初の1列目に
  • 梅澤美波が3作ぶりの1列目復帰
  • 比較的次世代メンバーが中央に集まったフォーメーション

中心メンバーであった白石麻衣卒業後となる最初のシングル「僕は僕を好きになる」

次期エースとの呼び声が高かった山下美月がついに単独センターを務めることとなりました!

1列目の梅澤、山下、久保の並びには運営からの熱い期待が感じられます・・・!

清宮レイや田村真佑といった4期生の中堅どころも選抜入りを果たし、どんどんと新しい風が吹き込んでくる乃木坂46。

次シングルでは新4期生なんかも選抜に入ってきそうですし、まだまだメンツは変わっていきそうですね。