EXOの結成日&デビュー日はいつ?デビュー曲&デビュー当時のエピソードもまとめ【日本・韓国別】

この記事では韓国K-POPのボーイズグループ「EXO(エクソ)」の結成日やデビュー日、デビュー曲を日本と韓国別でご紹介。

さらにEXOの結成やデビュー当時のエピソードもあわせてチェックしていきたいと思います!

EXOの結成日はいつ?

EXOの結成日は2012年3月31日です。

これは、韓国でデビューショーケースが開催された日です。

この日初めてEXOがファンにお披露目されました。

しかし、EXOの結成はその前から示唆されていました。

EXO
出典:ナタリー

遡ること100日前。

2011年12月22日0時、SM公式サイトに動きがありました。

突然、新人グループの誕生を示唆するロゴとタイマーつきのポップアップウィンドウが登場したのです。

これが、100日間にも及ぶオンラインプロモーションの始まりでした。

24時間後の12月23日0時にタイマーのカウントダウンが終了。

同時にメンバー カイくんの予告映像が公開されました。

この時にはEXO-KとEXO-Mのメンバー構成は公表されませんでした。

その後、62日間かけてメンバーのティーザー映像を次々と公開。

その内容はメンバーがソロで映っているものや、複数名でのパフォーマンス映像など。

最後に公開されたのはチャニョルくんのティーザー映像(2月23日公開)でした。

また、その間にプロローグシングルも発表されました。

それが、1stプロローグシングル『What is Love』(2012年1月30日公開)です。
(MVも公開されています)

デビュー前にシングル曲を発表するなんて異例のことです・・・!

その後、3月9日に2ndプロローグシングル『History』が発表されました。

ティーザー映像やシングル曲のおかげで、デビュー前にも関わらず全世界に相当数のファンがついていました。

そして、3月31日(韓国)と4月1日(北京)にデビューショーケースが開催され、プロモーションは終了しました。

2箇所で開催したのはEXO-Kが韓国、EXO-Mが中国をメインに活動するコンセプトを持っていたからです。

振り返ってみても類を見ないほど、大掛かりでストーリー性のあるプロモーションだったように思います・・・!

EXOのデビュー日はいつ?

EXOの韓国でのデビュー日

EXOの韓国でのデビュー日は2012年4月8日です。

韓中同時デビューだったので、同時に中国でもデビューを果たしました。

100日間のプロモーションを終え、ついに正式デビューです。

EXO エクソ
出典:ナタリー

この日、EXO-Kが韓国、EXO-Mが中国、と2つに分かれてデビューステージを行ないました。

EXO-K、EXO-Mのコンセプトを優先し、当時のメンバー12人は正式デビュー日に同じステージには立たなかったんですね。

こういった点もすごく斬新でファンを驚かせました。

EXOの日本でのデビュー日

EXOの日本でのデビュー日は2015年11月4日です。

EXOのデビューは、渋谷・原宿を中心として行われた大規模なプロモーションを通して日本中に知らされました。

EXO
出典:ナタリー

ポスターやビジョンでの映像の他に、企業とのコラボや、展示会も開催されるなど非常に様々なイベントが行われました。

EXOのデビュー曲は?

EXOの韓国でのデビュー曲

EXOの韓国でのデビュー曲は「MAMA」という曲です。

正式デビューの翌日、2012年4月9日に韓国と中国で発売。
EXO-Kバージョン(収録曲:韓国語バージョン)とEXO-Mバージョン(収録曲:中国語バージョン)の二種形態で販売されました。

この曲のMVには、EXOメンバーが持つ超能力や、EXO-K・EXO-Mの関係性など、グループのコンセプトやストーリーがふんだんに盛り込まれています。

大規模なプロモーションの集大成のような、壮大な1曲ですね!

EXOの日本でのデビュー曲

EXOの日本でのデビュー曲は「Love Me Right ~romantic universe~」という曲です。

2015年3月30日に韓国で発売された「Love Me Right」の日本語バージョンです。

2015年11月4日に日本でリリースされ、初週から14.7万枚を売り上げました。

こちらは、海外アーティストのデビューシングルで歴代最高記録です。

さらに、第48回オリコン年間ランキング2015の新人アーティスト部門で作品別シングル売上金額の1位を獲得(売上金額:3.2億円)し、日本での人気も証明しました。

EXOの結成&デビューまとめ

EXO エクソ
出典:ナタリー

以上、EXOの結成日やデビュー日、デビュー曲などをご紹介してきました。

結成時から壮大に展開され、デビュー時には既に全世界で高い人気を誇っていたEXO(エクソ)。

今後も世界を股にかける彼らの活躍に要注目ですね♪