【欅坂46】3期生オーディションはいつ?これまでのオーディション開催時期や現在のグループの状況から予想してみた

この記事では、欅坂46の3期生メンバーオーディション開催時期を予想していきます。

まだ2期生メンバーも入ってそんなに長く経っていませんが、欅坂志望の子からするとやっぱり次のオーディションっていつなのか気になりますよね。

そこで今回は、これまでのオーディションの開催時期&現在のグループの状況から、欅坂46の3期生オーディションがいつになるのかを予想してみたいと思います。

これまでの欅坂46オーディション開催ペース

まずはこれまでの欅坂46メンバー募集オーディションの開催ペースから振り返っていきましょう!

以下の表で歴代オーディションの日程をまとめました。

欅坂46の活動の歴史を語る上では「けやき坂46」の存在が外せませんので、こちらもあわせて表にまとめています。

期生 募集開始日 合格発表日
欅坂461期生オーディション 2015年6月28日 2015年8月21日
けやき坂46 追加メンバーオーディション 2015年11月30日 2016年5月8日
けやき坂46 追加メンバーオーディション(2期生) 2017年5月31日 2017年8月13日
2期生オーディション(坂道合同) 2018年6月1日 2018年8月19日

1期生オーディションから2期生オーディション開催までの期間は2年11ヶ月。

にる

およそ3年間も欅坂46は一期生のみで活動していたんですね・・・!

なぜここまで空いてしまっていたのかというと、以下の2つが大きなポイントになってきます。

「けやき坂46」の存在

欅坂46が結成されて初期の段階に、妹分グループである「けやき坂46(通称:ひらがなけやき)」も結成されました。

後にけやき坂46は「日向坂46」へと改名。

現在は新たな坂道グループの一つとして活動していますが、もともとは欅坂46のシングルにカップリングとして収録、という形で楽曲を発表していたのです。

活動初期は

にる

けやき坂から欅坂へのメンバー昇格もあるのでは?

などと噂されたり、欅坂のライブにけやき坂が出演することもありました。

しかしその後どんどんけやき坂46は単体で人気を拡大し、欅坂46とは全く別の路線を歩み始めて改名&独立。

今でこそそれぞれ別の坂道として人気になっていますが、2つのグループが動き出した当初は運営側もまだどう進めていくのかを模索しているところがありました。

そのため、欅坂46の2期生オーディション(坂道合同)よりもけやき坂46の2期生オーディションの方が先に開催されています。

にる

ひらがなの2期生オーディションをやっていた2017年の段階では、けやき坂から欅坂への移動プランもまだあったのかもしれませんね。

全員選抜(21人の絆)

欅坂46のメンバー募集オーディションが長らく開催されなかったもうひとつの理由として「全員選抜」が挙げられます。

欅坂46は1st『サイレントマジョリティー』から7th『黒い羊』まで、1期生メンバー全員が選抜として表題曲を歌う「全員選抜」の方式を取っていました。

そして初期メンバー21人で活動していた頃の作品はメンバーやファンから”21人の絆”というフレーズとともに語られることが多く、

【欅坂46はメンバー全員でひとつ】という意識が他グループよりかなり強かったのです。

新たなメンバーを入れると必ず体制は変化してしまうものですし、ここにメンバーを追加するという流れにはなりにくかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

欅坂46の未来から予測する3期生オーディションの開催時期

これまでのオーディションペースを振り返ると、欅坂はかなり特殊な流れで現在まで至っていることがわかりましたね。

そして次の3期生オーディションについて考えるなら、過去をふまえた上で「今後グループはどうなっていくのか」も考えていく必要があります。

ということで、ここからは欅坂46のこれからの動きを予想し、リアルな3期生オーディションの時期を考えていきたいと思います。

1期生から今後も卒業者が出る可能性は高い

欅坂46も結成からもう4年以上経ち、1期生メンバーの卒業もぼちぼち出てきています。

まだ2期生からは流石にないと思いますが、1期生からは来年再来年も何名か卒業があると思いますので、そのぶんの補強は必要になってきます。

そこで鍵となってくるのが「坂道研修生」の存在です。

坂道研修生の存在

坂道合同オーディションで配属先が決まらなかった「坂道研修生」は現在配属先待ちの状態。

これから卒業していく1期生が抜けた分の補強はこの研修生たちが担っていくこととなるでしょう。

つまり、1期生が卒業するからといって、慌ててメンバー募集オーディションを開催する必要もないということです。

スポンサーリンク

欅坂46 3期生オーディションの開催は2022年ごろが有力か?

上で予想した欅坂のこれからを一言でまとめるとこういう感じです。

この先もメンバーの卒業は続きそうだが、坂道研修生も入ってくるのでその分数は補える

坂道研修生が配属予定ですので、まず2020年中の欅坂オーディション開催はないでしょう。

さらに欅坂46はアーティストタイプであり、メンバーみんなでじっくり作品やパフォーマンスを作り上げていく集団なので、他グループよりもメンバー追加サイクルは遅いと思われます。

よって、2021年も残った1期生+2期生+研修生から配属されたメンバーで1年間活動していくと予想します!

そのため、欅坂46の3期生オーディションは2022年ごろ開催が現実的かなと思います。

にる

しかしまあ欅は本当に読めないグループだからマジでどうなるかわからん!笑

スポンサーリンク

欅坂46 3期生オーディションまとめ

以上、欅坂46の3期生オーディション募集開催時期を予想してきました。

この記事で語ってきた内容をまとめるとこんな感じです。

欅坂46
3期生オーディション時期予想
  • 「ひらがなけやき」「全員選抜」などがありこれまで追加オーディションはなかなか行われなかった
  • 来年や再来年も1期生から卒業はぼちぼち出てきそう
  • 坂道研修生が配属予定のため、2020年のオーディション開催はなさそう
  • 性質上他グループよりメンバー募集のサイクルが遅いため、2021年もオーディションやらなさそう
  • このことから、3期生オーディションは2022年ごろが有力か

実際にどうなるかは未来にならないとわかりませんが、1ファンの予想として参考にしていただければと思います。

下の記事では、乃木坂46の5期生オーディション開催時期予想をまとめています!

気になる方は、ぜひこちらもチェックしてみてください♪

【乃木坂46】5期生オーディションはいつ?これまでのオーディション開催ペースや現在のグループの状況から予想してみた