「ラストアイドル」セカンドシーズン #6 感想・内容まとめ 秋元康と指原莉乃の師弟対決!そして番組からの衝撃の重大発表とは!?

ラストアイドルセカンドシーズンの第6回(通算26回目)が放送されました!

今週は指原莉乃プロデュース「シュークリームロケッツ」 vs 秋元康プロデュース「シュークリームロケッツ」という夢の師弟対決!!

そして今週は番組の後半に何やら重大発表もあるのだとか・・・?

セカンドシングルの発売日ならこの前のライブのときに発表されましたよね・・・?

それではさっそく今週の感想・内容まとめをお届けしていきます!

ラストアイドル感想記事毎週更新中♪
全ての感想・内容まとめページはこちら!

「ラストアイドル 」セカンドシーズン感想&対戦結果・内容まとめ

パフォーマンスバトル

指原莉乃×Someday Somewhere

先攻は指原莉乃プロデュースの「Someday Somewhere」から。

前回の戦いでラストアイドルに敗れてしまい、スタジオ裏で泣き崩れるメンバーたち。

その中でも深く落ち込んでいたのはダブルセンターの一人である清原梨央ちゃん。

そんなに落ち込まないタイプかと思ってましたが、彼女はラストアイドルファミリーの中でも唯一の3回の敗戦を経験しているんですね。

そりゃあ辛いわ・・・しかもセンター任されてるわけですもんね・・・

清原「本当になんか負けた瞬間全部訳わかんなくなって、本当『なんでアイドル目指してたのか?』とか、全てのことが頭真っ白になって、『なんでここにいるんだろう?』みたいな・・・



これは深刻ですね・・・。

3度の敗戦で自信をなくし、そんな気持ちを引きずったまま振り付けの最終チェックに入った梨央ちゃん。

案の定その自信のなさが振り付けにも現れてしまいます・・・。

他にも、メンバーみんなの曲中の『イェーイイェイイェーイ♪』に対して、振り付けの高良先生が「全然楽しそうじゃなーい!」

高良先生「楽しくなかったでしょ今?『イェーイ』って何?」

もっと心の底から喜びを表すように、「イェーイ!!!!!!」って感じのテンションでやらなきゃですね・・・!

先生からのアドバイスを受けてパフォーマンスの目標を見つけたというりーおん。

清原「自分たちも楽しんでお客さんにも楽しんでもらおう、っていうハッキリとした目標が決まったので、前回以上に楽しんで、絶対に勝てるように頑張ろうと思います。」

Someday Somewhere「この恋はトランジット」

今回はパフォーマンス中の梨央ちゃんの表情に注目とのこと。

見てくださいこの晴れやかな表情のりーおん!!

前回よりも自然な表情でみんなパフォーマンスできてますね〜!

振り付けの細かいところとか、メンバーの息が合った感じだったりとか、やっぱりレッスンを重ねただけあって全体的なクオリティがアップしていたように思います。



清原「メンバーたちとこの場で楽しむことができて、本当に良かったです」

秋元康×シュークリームロケッツ

後攻は秋元康プロデュースの「シュークリームロケッツ」。

前回はLove Cocchiと対決して惜しくも破れてしまいました・・・。これほんと名勝負だった。

後日、対戦結果を報告しに秋元プロデューサーの元へ。

秋元「残念だったね。でもまぁ・・・しょうがないよね。まだこれから戦いがあるから」

そしてセンターのももなん(松本ももな)から

松本「次の収録では前やった1回目の収録とはちょっと違った、変化をつけたいなって思ってるんですけど・・・」

との提案が。

二度目の対決でGood Tearsが振り付け変更をしていたり、Love Cocchiメンバーが髪型を変更していた様子を見て、自分たちも何か変化が必要なのでは?と考えたんですね。



しかし、この提案に対して秋元康プロデューサーは・・・?

秋元「無理に変化させない方がいいって。つまり『これがダメだからこれ』、じゃなくて”継続は力なり”で、自分たちが信じるものをまずやり続けないと。”夢”っていうのは、”手を伸ばした1mm先にある”ので、ずっと手を伸ばし続けないとダメだと思うんですよ。これから頑張りましょう。」



秋元先生、もう発する言葉全てが名言の域に達してますね。説得力は言わずもがな。

その後、パフォーマンスレベルを上げるため、秋元先生の指示でボイストレーニングへ向かったメンバー。

指導していただくのは前田敦子など数々のアーティストに指導を行ってきた廣野有紀さん。

廣野さんが指摘した前回のパフォーマンスのポイントは歌い出しのももなんの低音のラップパート。

アイドルがこんなに低音を求められるって、なかなかなさそうですよね・・・

練習から2時間、休憩時間に先生に話を聞いてみると・・・?

廣野「先が思いやられるな、というところが正直な印象」

なかなかに厳しい・・・。

こうしてこの日計7時間のボイストレーニングを行ったシューロケメンバー。

果たして勝利することはできるのか!?

シュークリームロケッツ「君にAchoo!」

ということで、今回のパフォーマンスはももなんの歌い出しに注目とのことです。

うーん・・・低音出てないような・・・声自体は安定した気がしますけど・・・

みーたん(長月翠ちゃん)の歌が入ってきた時の安心感がスゴイ。

サビ前のくしゃみ「くしゅん!」が前よりかわいく自然にやれてたかな〜って思いましたね!!

ここをもっとフューチャーすべき!!

シューロケも細かいところがだいぶ合ってきましたね。

パフォーマンス後にコメントを求められた吉田豪「正直歌い出しはちょっと気になりましたけど、その後はすごい良かったと思います」

指摘されちゃってんじゃーんwwww

まあ事実なんですけど・・・吉田さん、あんたって人はいつも・・・←

大槻ケンヂ「低い声ってあのね、自分で聞こえないんだよねあんまりね・・・すごい難しいんだよ」

ジャッジタイム

そして運命のジャッジタイムです。

サムサムとシューロケ、どちらも初戦負けているので今回は必ずどちらかが2敗するということになります。

それをわかって見るのは辛いっすね・・・だって大号泣するじゃん・・・(´;ω;`)

今週の対決を審査するのは大槻ケンヂ。

彼が今回の勝者に選んだのは・・・「シュークリームロケッツ」でした!!!

みーたんだけ笑顔!!かわいい!!

松本「今日の戦いがすごい怖かったんですけど、今は素直に嬉しいです。」

そして負けてしまったサムサムのセンター清原梨央ちゃんからのコメント

清原「これまで何度も負けてきて、その度に負けたらその分強くなれると思って、頑張ってきたんですけど、次こそは絶対に勝ちたいし、この結果は悔しいんですけど、私はSomeday Somewhereのメンバーが大好きなので、このメンバー6人で、次は絶対に勝利したいです。」

それにしても、れいあちゃんの泣き顔が美人すぎる←

まじーの泣き顔もキレイでした。

籾山「もうずっと負けてきてて、一回も勝ててなくて、すごく自信がなくなっちゃって・・・私たちはいつ勝てるのかなって・・・」

ひめりちゃん・・・(´;ω;`)

間島「下克上のしがいのある結果だと思うんで、しっかり反省してまた次のステージに進めるように頑張りたいと思います。」

何度でも立ち上がってきたセンター・間島和奏さん。やっぱり頼もしいぜ・・・!!

ジャッジについて

大槻「完成度においては、サムサム(Someday Somewhere)の方が上だと思うんです。ただ、シュークリームロケッツは、僕観ていて素で笑っちゃったんですよ。ハンカチをもたもたもたっとしながら出すところで、

3人が何かのテレビでドッキリに引っ掛けられて、ハンカチ出そうと思ったらゴムのヘビが出てくるとか、それで『ギャー!!』とか、そういうのまで浮かんだの。だから今回は、あの、シュークリームロケッツに笑わせられてしまったので、入れさせていただきました。でも、サムサム!良かったよ!」

・・・?

よくわからない角度と見方ですね・・・!?

さすがオーケンwww

完成度は上って言われたけど負けたサムサムもなんだかよくわからない気持ちなのでは?www

笑わせられてしまった、というところで勝ちになったシューロケメンバーもこれまたよくわからない気持ちなのでは・・・?ww

ちなみに他の審査員のジャッジはこんな感じでした。

竹中夏海 指原莉乃×Someday Somewhere
倉田真由美 指原莉乃×Someday Somewhere
吉田豪 秋元康×シュークリームロケッツ

番組からの重大発表

そしていよいよ番組からの重大発表が明らかに!!

ユースケ「今、ラスアイファミリーの5つのユニットがですね、表題曲をかけて、熱い総当たり戦を行っております。」

横山「番組スタッフの想定が甘くてですね、ここに来て勝ち星が同じになるユニットがいくつか出てくることにやっと、気づいてしまいました」

ユースケ「そこで突然なんですけれど、人気投票を行うことにしました。同じ勝ち星で並んだ場合は、その人気投票の順位で上の方のチームが勝利ということになります。」

ええええーーーー!??!???!??

もっとちゃんと考えといてよスタッフwwwwww

今まで、審査員一人の独断で勝敗を決定してきたラストアイドルですが、ここに来て人気投票を入れてきました。

でもまあユニット毎の人気ってかなり開きがありますからね・・・。

こんなんシューロケ一強でしょうよwwww

ただ単に「人気投票」って言うのもなんだか・・・

セカンドシーズンの表題曲を決めるための結果に関わる投票なので、「パフォーマンスが良いと思ったユニットに投票してください」みたいにした方がよかったんじゃ・・・

これはまたネットが荒れるぞ〜\(^o^)/

次回予告

次回の対決はつんく♂×Love Cocchi vs 小室哲哉×ラストアイドルの対決!

ラストアイドル最大のピンチってなんですかね?引退騒動の話かな・・・

ラストアイドルセカンドシーズン #6 感想まとめ

今週の対決、僕が審査員だったらサムサムに入れていたと思います。

専門家とかじゃないんで説得力のあることは言えないですが、パフォーマンスの細かいところやメンバーの連携、アイドルとして、観ていて心を動かされたのは、どちらもかなり良かったですが、比べちゃうとサムサムだったかなと。

それにしても、サムサムメンバーのコメントを聞いてるオーケンの表情もなんともいえなかったですね・・・w

審査員やるのもめっちゃ大変だろうな・・・

特に今回はどちらもセカンドユニットで、どちらも初戦で負けているという組み合わせだったし・・・

あんなに女の子たちに泣かれたらマジで胸が痛くなりますよねwww

そして突然の人気投票発表!!

番組内でもメンバーがよく「下克上」って言葉を使ったりしてますが、人気じゃなくパフォーマンスで競い合い表題曲を狙う、のがセカンドシーズンだと思っていたんですけどね〜。

僕は推しユニットではなくあくまでもパフォーマンスに惹かれたユニットに投票したいと思います。

果たして投票結果はどのようになるのか・・・?

そちらも随時追っていければと思います。

ラストアイドル感想記事毎週更新中♪
全ての感想・内容まとめページはこちら!

「ラストアイドル 」セカンドシーズン感想&対戦結果・内容まとめ