【乃木坂46】25thシングルにアンダー曲がないのはなぜ?ファン歴8年の乃木坂オタクが理由を考察

乃木坂46の25thシングル「しあわせの保護色」の収録情報が発表されましたが、ファンは大荒れしています。

なぜなら、アンダー曲が収録されないから!!

これまでのシングルには必ず収録されていたアンダー曲。

アンダーメンバーだけで行われる「アンダーライブ」も大人気でかなりの動員数を誇っており、アンダー自体のファンもかなり多いというのに、一体なぜ・・・。

ということで、この記事では

「どうして乃木坂46の25枚目シングルにアンダー曲が収録されないのか」

を、乃木坂ファン歴9年の私が真剣に考えてみました。

25thシングル「しあわせの保護色」収録情報

まずは乃木坂46の25thシングル「しあわせの保護色」収録曲情報から見ておきましょう。

曲名 参加メンバー
「しあわせの保護色」 25thシングル選抜メンバー
「サヨナラ Stay with me」 秋元真夏・生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友理、久保史緒里、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香
「じゃあね。」 白石麻衣
「アナスターシャ」 2期生メンバー
「毎日がBrand new day」 3期生メンバー
「I see…」 4期生メンバー
「ファンタスティック三色パン」 齋藤飛鳥・梅澤美波・山下美月

今回の収録曲は全7曲。

表題曲「しあわせの保護色」に加え、卒業する白石麻衣の本人作詞によるソロ曲「じゃあね。」

さらにフィットチーネグミのCMソングである「サヨナラ Stay with me」

まだ発表されていませんがおそらくメンバー的に映画「映像研には手を出すな!」のタイアップソングである「ファンタスティック三色パン」

そして2期生メンバーによる期別曲「アナスターシャ」

3期生メンバーによる期別曲「毎日がBrand new day」

4期生メンバーによる期別曲「I see…」

の合計7曲というラインナップになっています。

表題曲「しあわせの保護色」では1期生メンバー全員が選抜入りしているため、この曲は実質1期生の期別曲ともいえますね。

スポンサーリンク

メンバー全員が楽曲に参加してるからアンダーなし?

今回アンダー曲がない理由の一つとして考えられているのが、

「表題曲&期別曲があって、メンバー全員が楽曲に参加できているから」

というもの。

今回のシングルでは表題曲「しあわせの保護色」で1期生メンバー全員が選抜入りしています。

そして、2期生・3期生・4期生それぞれの期別で歌う楽曲も用意されています。

そのため、乃木坂46の全メンバーが必ず、どれかの楽曲に参加できているというわけです。

これでもしカップリングが期別曲じゃなくてユニットのみだったらかなり不平等ですが、

しっかり全メンバーが楽曲に参加できているため、その代わりにアンダー曲を削っても大丈夫だろうと判断した・・・?

という考え方ができなくもないのです。

スポンサーリンク

アンダーをなくして期別曲にしたのはなぜか考えてみた

一応、メンバー全員が曲に参加できてるからアンダー曲がなくても大丈夫(だと運営が考えている)

というのは理解できたと思います。

しかし、“これまでアンダー曲をずっと収録し続けてきたのに、なぜ外してしまうことになったのか?”

というそもそもの疑問が浮かびますよね。

そこで、現在公開されている25thの収録楽曲情報から、もし25thシングルにアンダー曲が収録されるなら・・・という世界線を考えてみました。

基本条件
  • 曲数の上限は7曲
  • メンバー全員が必ずどれかの曲に参加できるようにする

まず、従来通り「表題曲」「アンダー曲」この2曲は必ず固定で収録する、とします。

すると、7曲のうち2曲は埋まり、残り使える曲は5曲になります。

タイアップ曲の2曲は必ず入る

タイアップ曲である「サヨナラStay wtih me」と「ファンタスティック三色パン」は、大人の事情で必ず収録が必要だと思われるので外せないでしょう。

ということで残り5曲のうち2曲はここが入ります。残り3曲。

白石麻衣ソロ曲は必ず入る

メンバーが卒業していくときのソロ曲は定番ですし、白石麻衣のソロ曲「じゃあね。」はもちろん外せない枠です。

ということで残りは2曲。

アンダー曲を入れるなら4期生曲が必要

もしアンダー曲を入れるなら、4期生曲も必ず入れる必要があります。

4期生はまだアンダーに参加していないので、4期生曲がないと選抜に入ってない4期生が参加できる曲がなくなってしまうからです。

アンダー曲を入れてもメンバー全員が曲に参加できる

シミュレーションの結果

表題とまいやんソロとタイアップ曲を入れても、アンダー曲+期別曲を4期だけにすれば問題なくメンバー全員が楽曲に参加できる

ということが判明してしまいました。

それどころか、7曲中6曲しか使ってないので1曲枠が余ります。

にる

この残り1枠で白石麻衣&生田絵梨花ユニットとかやれば最強じゃないですかね・・・?

スポンサーリンク

どうしても期別曲を入れたかったのでは?

こうなってくると、表題とまいやんソロとタイアップ曲と4期生曲の絶対に必要な曲に加えて、

運営がどうしても2期生or3期生の曲も入れたかったのでは?

という可能性が浮かび上がってきます。

2期生の佐々木琴子は3月いっぱいをもって乃木坂46から卒業することが発表されていますし、

“琴子卒業前に、琴子フューチャーの2期生曲をやりたかった”

とかありそうですよね。

このパターンでアンダー曲込みの25thシングル収録曲をシミュレーションしてみると、以下のようになります。

曲名 参加メンバー
しあわせの保護色(表題曲) 25thシングル選抜メンバー
アンダー曲 25thシングルアンダーメンバー
「サヨナラ Stay with me」 秋元真夏・生田絵梨花、齋藤飛鳥、松村沙友理、久保史緒里、与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香
「じゃあね。」 白石麻衣
アナスターシャ 2期生メンバー
「I see…」 4期生メンバー
「ファンタスティック三色パン」 齋藤飛鳥・梅澤美波・山下美月

こうすると、メンバー全員は参加できていますが、3期生だけ期別曲がないということになります。

こうなってしまうくらいなら、いっそのことアンダー曲をなくして、3期の曲も用意しよう

(その方がオタは喜ぶと運営は思っている)

なんてのが想像できますね・・・。

さらにこれをもっと深読みすると、

3期生に誰か卒業を控えているメンバーがいて、このタイミングで3期生曲も出しておきたかった・・・?

というのもなくはないかなと思ったり。

スポンサーリンク

【乃木坂46】25thシングルにアンダー曲がない理由 まとめ

いろいろややこしくなってしまいましたが、簡単にまとめると以下のようになります。

乃木坂46 25thシングルに
アンダー曲がない理由の推測

絶対に入れたい曲が6曲あり、それを実現したらたまたま3期生メンバーだけの期別曲がなかった。

なので、3期生曲を用意することにして、アンダーメンバーの曲はなくそう。

メンバー全員が曲に参加できているから、今回はアンダー曲がなくても問題ない。

・・・と、運営が判断した

まあ実際のところはどうなのかわからないのですが、しっくりくる落とし所を考えてみたらこのような感じかなと。

25thシングルは選抜・フォーメーションもいつもと違う”白石麻衣卒業スペシャル”という感じなので、今回だけの特別仕様だとは思います。