橋本桃呼(ラストアイドル)がかわいい!ハロプロ時代や姉&中学はどこ?【センター立ち位置1番】

「ラストアイドル」サードシーズンの挑戦者として元ハロプロ研修生の「橋本桃呼(はしもとももこ)」さんが登場し、見事立ち位置1番センターとなりました。

当記事では、そんな橋本桃呼さんの基本プロフィールやハロプロ研修生時代の情報、お姉さんについてや通っている中学校の噂などをまとめてご紹介していきます。

橋本桃呼の基本プロフィール

プロフィール
名前:橋本桃呼(はしもと ももこ)
生年月日:2003年6月28日(15歳)
出身地:山口県
血液型:AB型
趣味:読書、スクイーズ集め
特技:社交ダンス、ものまね

まずは橋本桃呼さんの基本プロフィールをチェックしてみましょう!

橋本桃呼さんは山口県出身。5人兄妹の三女だそう。

2003年生まれでまだ15歳なんですね。

「ももこ」という名前だと普通は「桃子」という感じを連想してしまいますが、彼女は「桃呼」という字でももこと読みます。珍しい・・・!!

彼女はモーニング娘。やアンジュルムなどを擁する「ハロー!プロジェクト」の次世代メンバーを育てるハロプロ研修生に所属していたという経歴を持っています。

ハロプロといえばアイドル界でもかなりの実力主義であり歌とダンスのスキルにおいては基本レベルがかなり高いので、これまでのラストアイドル挑戦者の中でもナンバーワンと言っていいほどのパフォーマンスが期待されます。

そしてこれまでの「ラストアイドル」の歴史で元ハロプロという経歴の子が登場するのも今回が初。

橋本桃呼さんは今回のラストアイドルにおいて、2期生の夏休み合宿の中のスペシャルバトルの挑戦者のなかの一人として登場。

この「ラストアイドル」に挑戦した理由は、ファーストシーズンでの間島和奏 vs 阿部菜々実のセンター対決で、阿部菜々実さんが勝利しセンターが入れ替わったのがすごく衝撃的で、颯爽とセンターの座に立った阿部菜々実さんの姿に憧れ、自分もあんな風にカッコよくセンターになりたい、と思ったところからだそうです。

そんな橋本桃呼さんが対戦相手に指名したのは立ち位置1番の篠原望(しのはらのぞみ)さん。

これまでに一度も指名されてこなかったメンバーであり、2期生を象徴するようなWセンターのうちの一人でもあります。

しかし橋本さん、ラストアイドルへの挑戦理由からもわかる通り、最初からもうセンターになる気まんまんだったんですね・・・!!

橋本桃呼のハロプロ研修生時代

続いては橋本桃呼さんのハロプロ研修生時代の様子や活躍を振り返ってみたいと思います。

彼女は2017年11月からAbemaTVで密着番組も放送されていた「ハロー!プロジェクト20周年オーディション」の参加者。

このオーディションはグループ別ではなく「合格すればハロー!プロジェクトのどこかのグループに加入できる」というオーディションです。

最終的にこのオーディションは合格者が一人も出なかったのですが、橋本桃呼さんはこのオーディションへの参加をきっかけにハロプロ研修生に入ります。

このオーディション時、橋本桃呼さんは加入希望グループにこぶしファクトリーの名前を挙げており、推しているメンバーは井上玲音さんと答えていました。まさしくこぶし推しですね。

さらに橋本桃呼さんはかなりスタイルが良く、小顔でかなりの脚長で、オーディション番組内では”8頭身中学生”と紹介されていました。

黒髪のロングヘアとそのスタイルの良さはまるでこぶしファクトリーの浜浦彩乃さんを思い出させますよね・・・!

この20周年オーディション参加者の中でも、彼女は持っている華やパフォーマンス力、ポテンシャルなどが早い時点から高く評価されており、ハロプロファンの間でも「こぶしファクトリーに入って欲しい!」「モーニング娘。に欲しい!」というような声が多く見られていた注目のメンバーでした。

こうしてオーディションを経てハロプロ研修生となった橋本桃呼さんでしたが、ハロプロ研修生になってわずか4ヶ月で研修活動を終了(研修生から離脱)してしまいます・・・。

どうしてやめてしまったのか理由は明らかになってはいませんが、ファンの間では「山口県からレッスンに通うのが厳しかったのではないか」という話が出ています。

ハロプロのレッスン場は現在関東と中部と関西、そして札幌の4箇所にしかありません。

橋本桃呼さんは関西のレッスン場に通っていたのですが、結構距離もありますし、どうしても通い続けるのが大変になってしまったのではという説が濃厚です。

グループに所属が決まりデビューする段階ならまだしも、研修生の段階ではまだ厚い待遇も受けられないでしょうから、仕方ないですね・・・。

橋本桃呼の姉は?

橋本桃呼さんは5人兄弟の三女なのですが、彼女がアイドルになるきっかけを作ったのは姉の橋本楽々(はしもとらら)さん。

自他共に認めるアイドルオタクである楽々さんの影響で桃呼さんもアイドル好きになり、一緒にアイドルの振りコピやダンス練習などをしているうちに、桃呼さんはだんだんと「アイドルになりたい」という気持ちが芽生えたんだとか。

楽々さんはAbemaTVのハロプロオーディション番組の時にも登場していて、ハロプロの中に推しが8人もいるというDDっぷりを披露していましたwww

楽々さんの推しメン:工藤遥、牧野真莉愛、勝田里奈、和田彩花、中西香菜、竹内朱莉、田村芽実、小田さくら

ちなみに姉の楽々さんもかわいいので、アイドルをやっていた経歴があるのでは?と思い調べてみましたが、特にそういった経歴はなく、一般人みたいです。

橋本桃呼の通っている中学校はどこ?

現在中学3年生で来年(2019年4月)から高校生になる橋本桃呼さん。

山口県のどこの中学校に通っているか調べてみましたが確定的な情報は出てきませんでした。

ただ、姉の楽々さんは山口大学教育学部附属山口中学校に通っていたという情報があり、もしかしたら同じ学校に通っていたという可能性もあります。

橋本桃呼がラストアイドルのセンターに!

サードシーズン第16回放送に挑戦者として登場した橋本桃呼さん。

対戦相手に立ち位置1番センターの篠原望さんを指名し、パフォーマンスバトルで見事に勝利し新・ラストアイドル2期生の暫定センターとなりました!

パフォーマンスバトルで歌ったのは彼女が憧れていたこぶしファクトリーの「明日テンキになあれ」という楽曲。

歌い方のクセが強いとの声もありましたが、圧倒的なオーラと存在感、そしてハロプロ研修生で培ったパフォーマンス力を武器に、ラストアイドル2期生全体のレベルを上げていく存在としての期待がかかります。

まとめ

以上、ラストアイドルサードシーズン挑戦者の橋本桃呼(はしもとももこ)さんのプロフィールやハロプロ研修生時代についてをご紹介してきました。

ハロプロ研修生から一転し、秋元康プロデュースのラストアイドルで頑張っている橋本桃呼さん。

これからも彼女の活躍を要チェックですね♪