「ラストアイドル」セカンドシーズン #5 感想・内容まとめ Good Tears悲願の初勝利!

ラストアイドルセカンドシーズンの第5回(通算25回目)が放送されました!!

今週はつんく♂プロデュースの「Love Cocchi(ラブコッチ)」 vs 織田哲郎プロデュースの「Good Tears」という組み合わせの対決!

先週新曲を初披露しましたが高難度すぎてうまくパフォーマンスできなかったGood Tearsは、今週どうなっているのか気になります。

それではさっそく感想・内容まとめをお届けしていきます♪

ラストアイドル感想記事毎週更新中♪
全ての感想・内容まとめページはこちら!

「ラストアイドル 」セカンドシーズン感想&対戦結果・内容まとめ

パフォーマンスバトル

今週も対決スタートです。

今まではVTR→メンバー登場だったのですが、今週は先にスタジオにメンバーが登場してからVTRという流れに。

もう全チーム新衣装が出揃っちゃったからですかね?

そして対戦直前のマイクパフォーマンスもここでやっちゃいます。

西村「見てもわかるように、私達全員髪切ったりしてるんで、自分たちの新しい姿みたいなのも見せられたらいいなと思います。

相澤「先ほど、出てくる前に織田さんとミーティングをテレビ電話でさせていただいたんですけども、『とにかく楽しんで堂々とやれば君たちはカッコイイんだ』って言っていただいたので、すごく自信が持てました。なので、今日はもう堂々と頑張りたいと思います!

ユースケとゆいはんからGood Tearsに対して、「前回と顔つきが違う」「余裕を感じる」との声もありました。

確かにそれぞれのメンバーから、前の放送に比べると表情や佇まいに余裕を感じます。

前回ボロボロだったGood Tearsですが、今回は期待できそうですね・・・!?

つんく♂×Love Cocchi

先攻はつんく♂プロデュースのLove Cocchiです。

この写真、青春シンフォニー仕様の新アー写ですかね?かわいい♪

前回の対決ではあの秋元康プロデュースの人気ユニット「シュークリームロケッツ」に見事勝利したLove Cocchi。

これは何度見ても名勝負ですよね・・・!!

前回のバトル終了後、メンバーたちは嬉しくて早速つんく♂プロデューサーに勝利を報告するのですが・・・?

パフォーマンスの映像を見たつんく♂からまさかのダメ出しが!

まだ喜んでなんていられなかった・・・!

アイドルは常に修行の日々です。

つんく♂Pの指摘箇所

歌う時の表情が良くない
歌詞を間違えるのはありえない

つんく♂Pの指摘箇所を見てみると・・・?

確かに、前半はみんなパフォーマンスに力が入りすぎて表情が強張ってしまっていますね・・・

笑顔が全くみられません。

歌詞間違いはこの部分ですね。

これ、見てるときは「あえて別の歌詞を重ねてるのかな?」とか思っちゃったんですけど、単純に間違いだったんですねwwww

更につんく♂からの指摘はこれだけではなかった・・・・!!

なんと前回の髪型から再度髪型を変更するようにという指示が。

そして本番一週間前、つんく♂のイメージに近づけるようにまた髪をカットします。

曲のイメージに合わせてメンバー全員が髪をショートカットにさせられたスマイレージの「ショートカット」を思い出すなあ・・・www(しみじみ)

つんく♂Pが5人に求めるイメージ、それは・・・

春高バレーのベスト8に
出場できる学校の選手がしているような髪型

・・・・・!?www

どんなイメージやねんwwwww

こうして、よくわからないけどLove Cocchiのメンバー全員が「春高バレーのベスト8に出場できる学校の選手がしているような髪型」に仕上がりました。

山本愛梨ちゃん

西村歩乃果ちゃん

大森莉緒ちゃん

中村守里ちゃんと石川夏海ちゃんはショートカットにガラっとイメチェン!

2人ともけっこう似合ってます♪

もちろん歌やダンスも更に強化。2連続での勝利を収めることはできるのか!?

髪を切って首元が寒くなったと語る守里ちゃん。

愛梨ちゃんはなんとこの本番直前にもさらに5cm切ったそうです!

もう失恋乾杯のときと比べると全然違うグループになってますね・・・・・!

Love Cocchi 「青春シンフォニー」

先週までは両グループの映像が出た後に対決が始まる、という流れでしたが、今週からは先攻チームから映像→パフォーマンスをセットでやるっぽいです。

なのでここからラブコッチのパフォーマンススタート!

つんく♂Pから指摘された「歌う時の表情」に要注目です。

ダンス上手くなってるし、表情もすごくよくなってますね!!!

愛梨ちゃんの自然体な表情にグッと来る。

やっぱりつんく♂プロデュースってすげえや・・・!!!!

Love Cocchiのパフォーマンスを見た倉田真由美「泣きそうになるくらい、良かったですよ。本当みんな楽しそうに歌って踊ってたし、笑顔も素敵でした!」

わかる。本当にわかる。青春シンフォニーは泣ける!!!!

織田哲郎×Good Tears

続いて後攻は織田哲郎プロデュースのGood Tearsです。

前回は「アイドル史上最高難度」のダンスでラストアイドルに勝負を挑みましたが、負けてしまった彼女たち。

しかも全ての審査員がラストアイドルに入れていたという、ストレート負けです。

この映像ちょっと厳しくないか?www



Good Tearsはメンバー全員がファーストシーズンから1度も勝利した経験がありません・・・
(朝日花奈ちゃんは落ち込まないタイプなので泣きませんww)

そして前回の対決後、織田さんがメンバーを招集。

ミーティングが行われ、今後の方針が伝えられました。

織田「あのー・・・・ひとつにはまずね、振り付けがちょっと俺本当に、『しまったな・・・』と思ったのよ。まあせっかくだから君らのダイナミックなダンスをフューチャーしようと思ってたんだけど、もうちょっとやっぱ歌をね、重視した方がいいかなということで、振り付け自体を根本から変えてもらうことにして、方向転換しようかと思います。」

マ、マジか!!!振り付け変えるのね!?

振り付け変更に言葉を失うメンバー。

めちゃくちゃ苦労してあの振り付け覚えたんだもんね・・・

新しい振り付け師はこれまでに関ジャニ∞や山下智久、防弾少年団などのバックダンサーを担当してきたNAOKIさん。

織田さんからの新振り付けの要望は「小悪魔的な、セクシーだけどカワイイ」という感じだそうです。

振り付け全取っ替えに、真由ちゃんは「また一からかよ!」と思ったそうですw(これは仕方ないww)

そして今回の対決直前、織田さんからアドバイスが!

織田「皆が、”私見やがれよ!”っていう空気がバーンと出れば、バッチリだよ^^頑張れよ〜^^」

もう織田さんがみんなのお父さんみたいになってるじゃん・・・!!

いやでも本当に織田さんのアドバイスは安心しますよね。説得力がすごい。

Good Tears「スリル」

そしてパフォーマンスがスタート。

前回から生まれ変わった振り付けに注目です。

確かに、前の振り付けよりはかなりダイナミックさが薄れていて、カワイイ要素が増えています!

前の振り付けの時もそうでしたが、「この子がセンター!」というのは明確に打ち出されてませんね。

センターはコロコロ変わります。

最後は愛理ちゃんセンターで終わります。ちょーカッコイイ。

ただひとつ気になるのがやっぱり歌があんまり上手くないところなんですよね・・・。

曲はすごく良くて、振り付け、衣装もすごくかっこいいから、イントロからの歌い出しでどうしても出オチみたいになってしまう。

一人でも歌が上手い子がいればだいぶ変わってくると思うんですけど、こればっかりは経験を積んで歌唱力の向上と安定が必要不可欠かなと。

こう考えると前回の激しすぎる振り付けで歌も歌ってたのはよっぽどのことをやってましたねwww

でも、先週のパフォーマンスに比べたらすごく表情も、ダンスも良くなっていたかなあと思います!!

パフォーマンス後、真由ちゃんも「上手くできて、本当に嬉しいです♪

と、相当手応えがあるようです。

ジャッジタイム

運命のジャッジタイムです!!

今週審査するのは振付師の竹中夏海。

彼女が選んだのは・・・・・・

Good Tearsでした!!!!

Good Tears悲願の初勝利!!!!

全てのメンバーが初めての勝ちを経験したので、もうめちゃくちゃに泣いて喜んでましたねwww

見ている側もだいぶ泣けてきます(´;ω;`)

池松「私達今までこのスタジオで負けてばっかりで、勝った事がなかったので、今初めて勝ちの喜びっていうか、嬉しさを感じることができました!

高橋「やっと、良い涙流せました!!(T_T)

そして残念ながら破れてしまったLove Cocchi。

センターの愛梨ちゃんはかなりの悔し涙を流していました。

山本「次は頑張ります」

そして審査員の竹中夏海から、今回のジャッジについて語られます。

竹中「パフォーマンスの部分を、私はまあ振付師なので見ていたんですけど、まずLove Cocchiの方は、最後の方の、フォーメーション横一列になって、一人ずつ手を上げて下手から順番に前に出てくるところあるじゃないですか。

あそこって、もっと『私を見て』っていうふうに一人一人がすごくこう、自分のこう、パフォーマンスの圧を出してでも、こうガッて”こっちを見て”っていう風にしてほしいなって思うんですけど、そこがまだ、結構5人同じように前に出てきてるっていうところだったりとかが、なんかもっと出来る気がする。

こんなに個性の強いメンバーが集まっているんだから、5人それぞれの前の出てき方があるんじゃないかな?っていう風に思ったので、そういう意味で言うと成長の余地がまだあるなー、っていう風に思いました。」

竹中「で、一方Good Tearsの方は見てわかる通り、すごく楽しそうにパフォーマンスをしていたっていう部分だったりとか、織田さんが狙っていた小悪魔的なパフォーマンスがすごく体現出来ていたなっていう風に思いました。なので、Good Tearsを選ばせていただきました。」

ちなみに竹中さん以外の他審査員のジャッジは全てつんく♂×Love Cocchiに入っていました!!!

竹中さんじゃなかったらGood Tearsは負けてまたギャン泣きしてたんだろうなあと思うと・・・うう・・・

次回予告

来週の対決は秋元康×シュークリームロケッツ vs 指原莉乃×Someday Somewhereという組み合わせ!

秋元さんとさっしーが戦うという師弟対決、めちゃくちゃ楽しみです・・・!!

ラストアイドルセカンドシーズン #5 感想まとめ

今週、僕的にはラブコッチの勝ちかな〜と思っていました。

Good Tearsも振りを変えて練習も重ね、メンバーにも自信がついてきて、表情も良くなっていたのですが、どうしても歌を含めた全体的な完成度はLove Cocchiかなと。

今週のジャッジに選ばれた竹中さんだけがGood Tearsに入れていたわけですが、やっぱり振付師としてたくさんのアイドルパフォーマンスを見てきた彼女ならではの鋭い視線が光っていましたね。

コメントにもあったように、Love Cocchiに対しては決して劣っているというわけではなく、「もっと出来るんじゃないか」とこれからの更なる成長を期待しての判定だったのかなと感じました。

Good Tearsが初の勝利を経験できたというところも、今後の彼女たちの輝きに大きく影響してきそうです。

来週はついに秋元康と指原莉乃の師弟対決が実現ということで、見逃せないですね!!!

それにしても、高橋真由ちゃんが今週はすごくかわいかった。

自然な表情で明るく笑顔な女の子のパワーは絶大ですね!(笑)

ラストアイドル感想記事毎週更新中♪
全ての感想・内容まとめページはこちら!

「ラストアイドル 」セカンドシーズン感想&対戦結果・内容まとめ