「ラストアイドル」セカンドシーズン #8 感想・内容まとめ サムサムとらぶこちの全力バトル!ジャッジの結果に批判殺到でまた炎上!?

ラストアイドルセカンドシーズンの第8回(通算28回目)が放送されました!

今週は勢いに乗るつんく♂プロデュースの「Love Cocchi」と、既に2敗してしまい、今回破れると決勝トーナメント進出ができなくなってしまう指原莉乃プロデュースの「Someday Somewhere」が対決。

見どころはやっぱり、これまで一度も勝てなかったSomeday Somewhereが勝てるのかというところですかね・・・!

それでは早速、感想・内容まとめをお届けしていきます。

ラストアイドル感想記事毎週更新中♪
全ての感想・内容まとめページはこちら!

「ラストアイドル 」セカンドシーズン感想&対戦結果・内容まとめ

OPスタジオトーク

今週も始まりました。

まずはスタジオに両グループが登場します!

相変わらず「姪っ子の夏休み」感に溢れる衣装で登場したらぶこち。

んん・・・・!?

変な帽子被ってるぅwwww

あと、ほのぴーの衣装だけ先週と全然違う!!

先週のラブコッチはこんな感じでした↓

本当にちょくちょく変えてきますね・・・www

サムサムは得に変わってませんでした。久しぶりに見た気がする。

そして今回初参加の審査員として社会学者の古市憲寿さんが登場。

この人あれじゃん、ワイドナショーとかでいつも物議を醸す発言して、よく炎上する人じゃん・・・

ユースケ「番組初登場の古市さん、このセカンドシーズン、見たことあります?」

古市「正直あんまり見ていないんですけど・・・」

ユースケ「正直者!www」

古市「だって、アイドルも怖いしアイドルファンも怖いじゃないですか、なんかその熱量がもうついていけなくて」

しかしこの番組はどういう風に審査員を選んでいるのか謎ですね・・・

アイドルに詳しい人か芸能音楽系の人がやるのかと思ってましたけど・・・

つんく♂×Love Cochi

先攻はつんく♂プロデュースの「Love Cocchi(ラブコッチ)」です。

今日の戦いに勝てばついに決勝トーナメント出場が決まるらぶこち。

そしてつんく♂Pは次の戦いに向けて、

今大注目のダンサー・KAHOさんを投入。

筋力とリズム感を集中的に鍛え、ダンスの基本レベルを更に向上!

そして更に、ステージ経験が少ないメンバーに、ある課題を用意、それは・・・

路上ライブ!!!

つんく♂「全然知らない人の前で一人で歌う経験を積んでほしい」

ってことで、その辺を歩いている人に、「今からここで踊るので見てもらっていいですか?」

と声をかけて、全然知らない人の前での路上ライブを敢行。

すごいことやらせますね・・・wwww

距離感近い・・・羨ましい←

初の路上ライブにもかかわらず意外とみんなこなしていく中、

メンバー最年少で一番の人見知りな中村守里ちゃんが大苦戦。

声をかけても誰も立ち止まってくれません・・・

こんなかわいい子が見てくれって言ってるのに・・・もったいなさすぎるでしょwww

スタートから15分後、ようやく見てくれるという女性2人組を捕まえて全力パフォーマンス!

するといつの間にか20人以上の人たちが集まってくれていました。

やったね守里ちゃん!!

中村「見ている人が、自分しか見てないから、もっともっとちゃんとやらなきゃっていう意識が芽生えました」

路上ライブで得た経験を武器に、ラブコッチは勝利を収めることはできるのか!?

そして、実はこの日の本番前、つんく♂がメンバー激励のためスタジオに来ていました!

つんく♂「正直、歌もそんなに上手じゃないんやから、あと 君らに何が勝負できるか?それは中身をむき出しにするしかないんよ。では、楽しんでください!」

と、路上ライブの真意を伝え、エールを贈ってくれました。

中身をむき出しにする・・・

これまでのつんく♂のアドバイスもそうでしたが、やっぱり感情、マインドの動きをとても大切にしていますよね。

Love Cocchi「青春シンフォニー」

らぶこちはこのバトルに勝てば決勝進出が決まります!

路上ライブで得た「むき出しのパフォーマンス」に注目です。

もうみんなの表情がだいぶ晴れやかになってますね・・・!

あと、ダンスも見る度に本当に上手くなってます。

相変わらず衣装かなりダサいけど、パフォーマンスへの自信やみなぎるエネルギーは一番伝わってくるグループですね!

みんなの表情と目の輝きが素晴らしい♪

Love Cocchiのパフォーマンスを別室で見ていたサムサムメンバー。

センターの間島和奏ちゃんは彼女たちのエネルギーに圧倒されてしまわないように、

「私たちも最強だから大丈夫」

と、メンバーたちに言葉をかけていました。

他のメンバーの表情も、どこか自信に満ちあふれている気がします。

古市「なんか『見ているだけでこんなに緊張するんだな』、って思って、たぶんずっとやっていたらこういう緊張は無くなっちゃうじゃないですか、だからそんな意味ではたぶん今しか見られないライブだったのかな、っていう気はすごいしましたね。」

指原莉乃×Someday Somewhere

後攻は指原莉乃プロデュースのSomeday Somewhere。

第1試合ではラストアイドル、第2試合ではシュークリームロケッツに破れ、

悪夢の2連敗を経験してきたサムサム。

バトル後、ショックからか、もはや一言の会話もないメンバーたち・・・

そして開かれたメンバーのみでの緊急ミーティング。

どうすれば勝てるのか?

そこで出た答えは、

勝つために・・・「何かを変えたい!」

Good Tearsは振り付け、

Love Cocchiは衣装と髪型を変更して勝利を掴んでいるし、自分たちも・・・

ということですね。

これは第6回放送でシュークリームロケッツの松本ももなちゃんも、秋元康プロデューサーに同じように相談してましたね。(却下されてましたけど)

本番2日前、メンバーたちは”何か変化をつけたい”と振付師の先生に相談。

みんなでパフォーマンスに小道具を追加する可能性を探っていました。

・・・と、そこにプロデューサーのさしこ登場!

メンバーたちは早速、「ダンス(振り付け)に小道具を使いたい!」

と提案しますが、指原Pの答えは・・・?

指原「審査員に選ばれたくて変えるのがすごく嫌」

指原「私はみんなのパフォーマンスがいいと思うし、みんなのパフォーマンスを信じてるので」

指原「ごめんね、(もう)練習してもらってるけど、(サムサムのパフォーマンスが)絶対に絶対に絶対に、すごい良いと思ってるから、自信持って!」

「自分たちのパフォーマンスに自信を持て」、この指原プロデューサーの言葉で迷いが吹っ切れたサムサムメンバー。

憑き物が取れたかのような晴れ晴れとした表情です・・・!

すさまじい吹っ切れた感で、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか期待大です!!

Someday Somewhere「この恋はトランジット」

勝利を信じる6人の表情に注目です!

これまでにない自信とキラキラ感。

上手く言葉で言い表わせませんが、目に見える変化はつけていないはずなのにこんなに違って見えるなんて・・・!!

ひめりちゃんの「Destinyは君がいい〜♪」好きです。

もう失うものはない、とばかりに全てを解き放つようなパフォーマンス。

間違いなく過去最高の「この恋はトランジット」でしたね!!!素晴らしい!!

思わず別室で見ていたLove Cocchiのメンバーも涙してしまうほどでした・・・!

見よこのやりきった感を!!!!

日笠「私、歌詞に合わせて表情がくるくる変わるのがすごい惹かれるところがあって、それをすごいみんなちゃんと歌詞に沿った表情作りっていうのがすごいできていて、着実にプロっぽくなっているというか、そこにすごいビックリしました。」

ジャッジタイム

そして来ました運命のジャッジタイム!!

今回の対決を審査するのは・・・やっぱり来た古市さん!!

そんな古市さんが今回勝者として選んだのは・・・・Love Cocchiでした!!!

マ、マジか・・・

これはサムサムが勝つ流れだったじゃんwwwwww

ついにサムサムは一度も勝利できないまま、決勝トーナメント進出もならず・・・。

Love Cocchiは3勝したので、これで決勝トーナメント進出が決定しました!

他の審査員たちも、このジャッジになんだか納得が言っていないような表情です・・・。

西村「なんか、本当に、努力って報われるんだな、って思いました。」

負けてしまったSomeday Somewhereリーダー・間島和奏ちゃんのコメント

間島「めっちゃめちゃ悔しいんですけど、でもこの悔しさって、みんながめっちゃめちゃ頑張って、めちゃめちゃ楽しく踊れたからこその悔しさだから、最後までSomeday Somewhereらしく、突っ走りたいと思います!」

和奏ちゃん・・・・(´;ω;`)

素晴らしい・・・このコメントは素晴らしすぎるよ・・・・!!!!

今回の審査に関しての古市さんのコメント

古市「どっちのチームを、自分なら応援できるだろう?と考えたんですね。やっぱりサムサムの方は、歌もダンスもある程度のレベルには達していて、すごく素敵だな、と思ったんですけど、ある意味小さくまとまり過ぎちゃっているのが、ちょっともったいないかなと思っちゃったんですね。だからまあ、Love Cocchiの本気度に、どうしても入れちゃったっていうか・・・」

小さくまとまりすぎている・・・?本気度・・・?

よくわからん・・・

ちなみに今回の他の審査員ジャッジはというと・・・?

倉田さんはサムサム。

日笠さんもサムサム。

マーティ「サムサムに決まってる。なのに・・・負けた・・・」

全然納得いってないですやんwwww

これは炎上案件だ・・・!!!

吉田豪さん以来の結構な炎上案件きましたねwwww

ステージの裏で号泣するサムサムメンバーたち。

間島「こんだけ泣けるってことは、めっちゃ頑張ったってことだよ!大丈夫。」

和奏ちゃんほんと頼もしい・・・!!

この子がいてくれてよかった・・・(;_;)

次回予告

気になる次週の対決は

小室哲哉プロデュースのラストアイドル vs 秋元康プロデュースのシュークリームロケッツ という組み合わせ!

両グループを兼任しているみーたん。

これは来週も見応えありそうです・・・!!

現時点での対戦結果・成績はこのようになっています。

「ラストアイドル」セカンドシーズン #8 感想・内容まとめ

今週は、めっちゃめちゃ泣けましたね・・・。

吹っ切れたサムサムメンバーの表情と、和奏ちゃんのリーダーとしてみんなを引っ張っていく姿。

そしてサムサムのパフォーマンスを見て涙したLove Cocchi。

らぶこちも圧倒されて涙して、「勝てない」と思うほどのパワーが今回のサムサムにはあったのでしょう。

僕はらぶこちの涙をそういう風にとらえました。

僕がこの対決のジャッジをつけるなら、僅差でサムサムの勝ちにしていたかなと思います。どっちもすごかったけど。

案の定、ツイッターを見たら古市さんがめっちゃ叩かれてましたねwwwww

なんだか番組側も炎上を促すような作りをしていた気がwwww

でも今回サムサムが勝ったら勝ったで同情票とか言われてたかもしれないですね。

パフォーマンスのクオリティ・熱量は本当にどちらもかなりの高水準だったと思うので、

古市さんに刺さったのがラブコッチだったってことでしょう。難しいですが・・・。

しかしラブコッチ強いですね〜!

いち早く決勝進出を決めてしまうとは・・・

来週はみーたんが兼任しているラストアイドルとシュークリームロケッツの対決。

みーたん大忙しな回になりそうです。